本文へジャンプ


一生付き合える趣味と出会おう

ROAD BIKE

好奇心と忍耐強を呼び起こすツーリング。
充足した気持ちを自分の内部に感じながら、ペダルを踏みこむ


 自転車の中でも、ロードバイクは特別な存在である。舗装路を速く走ることだけを目的に作られた、シンプルなフォルム。最近はツール・ド・フランスで走っているタイプといえば通りがいいだろうか。サスペンション機能を持たない完全なリジット構造に、ライダーに強い前傾姿勢を強いるドロップハンドル。シンボリックな極細のタイヤには、700kPa(キロパスカル)いう途方もない空気を詰め込み(車の場合は200?300kPa程度)、地面との接地面積は小指の先ほどにしかならない。アルミやカーボンを使った車体は軽量堅牢で軽く10kgをきる。自転車世界のF1と呼ばれる理由がわかってもらえるだろう。

 大人がロードバイクに乗る。もちろん、使い方はいろいろある。普段着のまま、優雅に近くの公園まで出掛けるのもいいし、リュックを背負っていけば買い物の友にもなる。けれど、ペダルを強く踏みこめば、初心者でも軽く30km/hはだせるマシンなのだ。風を切って走る壮快さ。自分の力で遠くまで移動する達成感。ツーリングに挑戦することをおすすめしたい。
 ロードバイクなら、特別なトレーニングを積まなくても、1日に100km/hの移動は可能だ。試しに20Km走ってみるとわかる。簡単に走破してしまうのだ。サドルに慣れないお尻が少しばかりは、痛いけれど。
 もちろん、ロードバイクはママチャリやMTBほど汎用性に優れてはいない。本格的に乗るならば気をつけるべきことはある。
 まず、ロードバイクで段差を走るのは危険だ。細いタイヤはハンドルをとられやすいし、体重をかけたまま突っ込むとタイヤチューブがリムに食い込みパンクを起こす(このパンク傷をスネークバイトという)。つまり歩道は段差が多く、基本的には走れない。必然的に車道を走ることになるが、クルマやバイクへの遠慮なら必要ない。交通法規上、自転車は車道を走ると決められている。ロードバイクはクルマ同様に交通法規を守って車道を走るべきものなのだ。交通量の多い道路では路肩駐車のクルマや、逆走してくるママチャリには十分注意。濡れた路面では、白線の上は滑りやすいので慎重に。変速機はペダルを重くしたり軽くするためについているのではない。舗装路・無積載高速巡行を目的とするロードバイクでは、上り坂や向かい風など、道の状況が変化しても、常に一定のスピードでペダルを回すためにギヤを変える。それが疲れず速くはしるコツなのだ。ちなみにレースをやる人なら一分間に80から100回転を回す。

 ロングライドでは、自分に対する配慮も必要だ。ロードバイクのエンジンは自分自身。トレーナーやネルシャツといった普段着では空気の抵抗が大きいし、汗に対しても無防備だ。やはり機能的なサイクルウェアと、安全のためのヘルメット、眼を保護するアイウェアは用意したい。
 水や携帯食などをバッグに入れて持っていきたい気持ちはわかるが、背中の荷物は想像以上に体力を消費する。水はバイクに付け、お札を何枚かジャージに忍ばせておけばいい。コンビニや自販機はいたるところにある。なにより目標は日帰りで100kmだ。その土地の美味しいお店で食べるべきだ。誰のためでもない、自分を感動させる景色を探しにいくのだから。



初ツーリングには癖のないバイクを

 存在する乗り物で、間違いなく一番シンプルで速く、エコロジーな存在、ロードバイク。安いモデルなら6、7万円からあるが、満足できる性能を得たいなら、15万円から20万円程度は考えたい。廉価なモデルはギヤ回りなどの周辺パーツに互換性がないことが多く、後からチューニングするのに不向きなのだ。
 上級なモデルになれば、バイクやクルマと比較できるほどの値段になる。30万から150万円を越えるモデルもある。だが、これらも初心者にはお勧めできない。高価なモデルはレース仕様となり、路面の振動をわざとダイレクトに伝えるなど、乗り心地にクセがある。好みのセッティングを確立した中級者以上でなければ意味がないばかりか、合わないバイクは、上達を妨げすらする。初心者はまずクセのない15万円程度のバイクを選ぶのが正解なのだ。
 もちろん、バイクはカラーリングなどのルックスだけで選ぶものではない。身体とバイクのフィッティングも大事だ。乗って前傾姿勢が強すぎないかなど、的確なアドバイスをしてもらえるショップにいこう。
 だが、購入して終了、ではない。そもそもロードバイクは完成車を乗り続けるというものではない。その構成要素であるサドルやハンドル、コンポーネントやフレーム、果てはリムやスポークといった細いものまでチューンナップ用パーツが用意されているのだ。バイカーは実際に乗っていく中でパーツを取り替え、自分だけのバイクにチューンしていく。それが楽しくもあるのだ。



サドルの高さが合うと走行が楽に

サドルの高さ調節は重要。足が伸びきらなくても、伸びすぎても脚力が無駄になり、疲れる。また、ドロップハンドルは握る場所で姿勢がかわる。普段は上を、スピードをだすときは下が基本。


サドルの高さはサドルトップからシートチューブに沿ってクランク軸まで、股下×0.885(単位はp)を最大数値とする。それを基準に、あとは好みの高さを探そう

ペダルを漕ぐときは、ペダルが地面に対して常に水平になるように回す。写真左のようにカカトのほうが下がると、力がうまく伝わらない

前傾姿勢を調節する場合は、ステム自体を取り替える。10mm刻みでサイズがあり、シビアなパーツであることがわかる

リアのギアは9枚か10枚。安いバイクでは規格外の7枚などが使われており、その場合は純正以外の取り替えが出来ない

ロードバイクは前70%、後30%でブレーキを使う。シューは消耗品。特に雨の日は通常の5倍減。常に減り具合をチェック

タイヤには適正な空気圧が書いてあるので、指示に従う。高いタイヤほどグリップが高くなるが、その分、摩耗量が多くなる



パンク修理は最低限マスターしたい

パンクで慌ててショップを探すようではロングライドは無理。たかがパンク、になれなければらない。替えのチューブを持っておけば、タイヤを剥がして入れ替えるだけ。5分でできる。

ホイールのロックはバーを引き起こすだけで解除。本体からホイールごと外す。リアも方法は同じ

タイヤの空気をできるだけ抜いてから、、チューブのバルブ部分のネジを外す。なくさないように注意

タイヤ内壁にレバーを滑らせるようにして挿入。2本目は少し離れた部分に差し、回しながらタイヤを外す

パンクしたチューブを取り出し、新しいのと取り替える。少し空気を入れて膨らませると扱いやすい。



本体以外に揃えたいもの

ライト/キャットアイ HL-EL400 4500円
夜間の無灯火走行は違法だし、ライダーとしてカッコ悪い。自分が前を見るために必要なのではない。周囲の人に認識してもらうために必須なのだ
テールライト/キャットアイ SL-LD100R 1344円
点滅や点灯で、後ろ方向に自転車の存在をしらせる。車道を走るのが常のロードバイクでは、フロント同様に必須の装備だ

インフレーター/イノベーションズ ロードポンプ 3234円 
携帯空気入れ。ベストなエア圧を入れるためだけではなく、タイヤの空気が抜けた非常時にそなえるもの。フレームに着けておけば、荷物にならない



パンク修理キット/ナショナルタイヤ タイヤレバー付き 945円
必須のパンク修理キット。まずはチューブ交換でOKだが、万が一それもパンクしてしまったら、パッチキットで穴をふさいで乗る!

タイヤチューブ/ビットリア 682円
タイヤサイズにあった予備のチューブを必ず用意しておく。パンクしたらその場は穴のあいたチューブを取り出し、新品と交換

ボトルケージ/エリート 1995円
ドリンク・ボトルをホールドするためのケージ 。ロングライドに背中のバッグは邪魔になる。必須の水分はバイク本体につけておく。

ツール缶/プロファイルデザイン 525円
タイヤレバー、アーレンキー、タイヤチューブなど、エマージエンシーに備えて、最低限のツールを一まとめにしておく

ヘルメット/キャットライク コンパクト 1万5800円
安全のためにヘルメットは必須。かぶるというより、頭の上に乗せるような独特の形状で、通気性、空気抵抗も考慮されている。

サングラス/zero rh+ rh579 エンゼルフィッシュ 2万4150円
眼をホコリや紫外線から守るアイ・ウェア。ゼロアールエイチプラスはファッションアイテムとしても人気。調光レンズ付き

グローブ/チバ・ザ・グローブカンパニー BIOXCELL 6090円
長時間グリップを握ると、素手では疲れる。厚めのグローブが長距離向き。万が一の転倒のときには、手を守ってもくれる

サイクルウェア/ナリーニ ウィンターチームti 9975円
吸汗拡散作用を持つ生地を使うなど、機能性に優れたサイクルジャージ。快適なロングライドは、コレなくしては始まらない

サイクルパンツ/ナリーニ ウィンターチームbib 1万6800円
サイクルジャージには、お尻の部分にクッションがついていて、サドルからのショックを吸収する。基本的に下着はつけずにはく

サイクリングシューズ/SIDI ZETA 1万5000円
ペダルとシューズを一体化するビンディングペダル用のシューズ。立ちゴケが恐いが走りへの効果は大。※ビンディングペダルは別売

ハタイヤチューブ/ビットリア 682円
タイヤサイズにあった予備のチューブを必ず用意しておく。パンクしたらその場は穴のあいたチューブを取り出し、新品と交換