サンリオピューロランドで会おうぜ  吉田つとむ




ハローキティは昔 僕の友達だった
今でもプラスティックでできたあの丸い瞳に
憂鬱そうな面影が少し残っているし 口がないところなんてそっくり
8612816
彼は16の早朝に自殺した 僕は毎日号泣していたが
ずっと悲しんでもいられないので
サンリオピューロランドに出かけたとき 偶然彼と再会した
彼は生前 誰からも愛されなかったが 今じゃ 子供たちのハッピー
サンリオピューロランドに行けば
いびつに可愛くデフォルメされた彼に会えるんだ
春の夜の暗闇が 僕にこうささやいてくる
何にも身に付けなくていいん
だよ
服もヒーターもクーラーも 地面だっていらない


「サンリオピューロランドで会おうぜ」
遺書を火であぶるとそういう文字が浮き出してくる
僕たちじゃない誰かが「さよなら」をいって僕たち二人ともそれを聞いたんだ
今じゃ彼は雑巾の絞り汁も飲まないし 便器をなめさせられる事もない
そういう人間はマスコットキャラにも似てる
サンリオの外に例えば駅のホームに ハローキティがいたら
その目を瞬きをせず24時間ずっと見つめてみろ
たいていの子供がショック死する どんなに強く両親の腕を握っていたとしても
だが子供にも大人にも目がない
サンリオピューロランドは永遠に崩壊しないだろう


ふざけたしぐさで
写真にうつる
そしてなにより
仮面を
かぶっている
それはまさに自閉の産物だ
彼の

誰か 経営者でもいい
ハローキティを抱きしめてやれよ
そうすれば彼は内側から溶けていくから
もはやその中に人が入っているのかさえ
曖昧になってしまうから
柵の外から ピューロの中へ
さけぶんだ 愛してるって
それだけで
全アトラクションは大声で泣きながら停止する

びしょ濡れの一人の子供をパリパリに乾いた毛布で包む
耳に聞こえない音を必死でイメージするように
君が生まれる前から
君の事を
知っている人がいたんだ









ひきこもって、見えるものがすごく少なくなって
だからそれをじっとみつめてしまい、でも感じた事を伝える相手がいなくなって
だからわかりやすく順序だてて物事を話す必要がなくなって
僕は僕の順序に正直に頭の中でいろいろなものを大きくしたり小さくしたり混ぜ合わせ
いろんなものがいろんなふうに重なり合って

箱の中に神様が見えたり
ガムを食べたり
窓際の花瓶に綺麗な花がささっていたり
朝食に目玉焼きがでてきたり
不思議なことがたくさんあったし、それをした
目の前にプリズムのような光の束が見えたり
時間が伸び縮みして夜中の12時に窓の外を見ていたら
3分ぐらいで朝になったのには心のそこから爆笑した

鬱病のころは毎日がとてもキラキラ輝いていた
引きこもっていたころは誠実にパワフルに
自分を成長させることなにもしなかった、なにひとつだ!

世界はいつまで待っても崩壊しなかったけど
すごく真撃に過剰に引きこもっていた気がするよ
2002年、熱い夏の引きこもりたち
彼らは引きこもることをあきらめなかった
どんなに苦しくとも彼らは引きこもることから逃げなかった
最後までいきいきと誇りを持ち引きこもりぬいた

引き篭もりは嫌なことをインターネットに書き込み続けるのが仕事だから
あのころの僕は真面目にそれをこなしていた、そんなかわいらしかった僕に
今の僕は花束を届けに行きたいよ
着払いで大量の花束と特上寿司100人前
あのころの僕が使っているパソコンのキーボードの「あ」の部分に
ガビョウをしこみたいよ
彼が「あいしてる」と打つたびに指から血がどくどく出るんだ
彼が書いた嫌な言葉は今でも僕の
誰にも見せられない宝物なんだ


「サンリオピューロランドにさよなら」


かわいらしいキャラクターたち、記号たちが僕の手をとって
ダンスにさそう
さまざまな色のライトが輝いて
大げさなふりで体をおりまげて
彼らの歌声が僕に見えないように設置されたスピーカーから流れてくる
生まれたときからひどく小さな笑顔が顔にくっついている彼ら
キラキラと光って目の前がかすんでみえなくなる
本当みたいに楽しくって
薄暗い部屋に誰かがおき忘れていたしわくちゃのチケット
僕はまだ大切にもっている

キャラクターたちは何人もいる
僕たちは眠るたび違う夢を見てしまう
2度と同じ夢を見ることはできないんだ
今夜
キャラクターたちが歌うのをやめたら
静かな夜にハローキティを連れ出そう その瞳も見ずに


さようなら ピューロランド
それはきっと僕がいう ハローキティには口がないから
メリーゴーランドのライトがついて 回り続けるだけのどこにも行けない馬たちが
いっせいに無言で僕たちを見つめている
ハローキティはたちどまり
僕は大きな声で君の名を呼ぶ
ハロー!ハロー!キティ!
僕の中にもあまりたくさんのものは無い!
君の中に昔はいっていた人は一体どこへ行ってしまったんだろう
ハロー!キティー!君にもし口がついていたら一番伝えたい事は一体なんだったんだろう
どこへいってしまったんだろう 本当に


ハローキティはふらふらと 頭を揺らし
それが合図で
たくさんの夢、たくさんの笑いあった寂しさたちからそっと離れてゆく 滑稽な姿で
その光景に、目を無くしたたくさんのの親子連れがあらわれて写真を撮りはじめる
フラッシュのうずの中
僕は口を両手でおさえる

僕は泣きわめきながら乱暴に子供たちを押し大人たちを引き倒しはいずり
何度も転びながら
そうして突然、大事なもの以外はすべて消えてしまうんだ

真夜中、詩、シンナー、公園、そういうものとだけしかうまく付き合えず
うまく人の目をみれない僕は、ハローキティ、君がサンリオの外にいるのを見る
それだけで
なんどでも
なんどでも
僕は叫びたくなってしまうんだよ


キティ!君はゆっくりすわりこみ一瞬だけ何か聞こえたような気がして
デモだから 僕は君のかわりに かわりにたくさんのものにさよならを
さようなら 静かに糸がほつれてゆき
さようなら 君のプラスチックの瞳が落ちる
さようなら 布がはがれて
さようなら 君の中にはなにもないのに
さようなら 君は首をかしげて
さようなら サンリオピューロランド
ハローキティは昔、僕の友達だった
8612816









初出 2ちゃんねる 詩・ポエム板
2005年、「2CH POEM ANTHOLOGY 2004」に掲載。






index